主人公最高に求められているのはノンストレスな展開。
序盤からすでに強く、そして権力に屈しない姿は現実世界ではあり得ないからこそ、魅力的に感じますよね。

私は仕事で嫌なことがあると、主人公最強系作品を読んで憂さ晴らしをすることがよくあります。
そこで今回は、そんな憂さ晴らしに使えた小説家になろうで書籍化した主人公最強系の作品をご紹介したいと思います。

オーバーロード

未来に存在するVRMMO『ユグドラシル』のサービス終了の日。最強クラスのギルドの一角である『アインズ・ウール・ゴウン』のギルドマスター『モモンガ』は、メンバーと共に作り上げた居城の玉座に、臣下たるNPCたちにかしずかれながら座っていた。たった1人で、もはやいないかつての仲間達を思いながら。

アニメ化までされたので紹介するまでもないかな? と思いましたが、この作品を抜いて主人公最強作品は紹介できない!
不安にかられた頭のおかしい骸骨(主人公)が、部下を使って異世界を蹂躙するお話。

最高峰の力をもちつつも慎重に行動するギャップなど、いろいろと楽しめる作品です。
もちろん、コミカライズ化もされています。

二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。
「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」
これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、神様っぽい
幼女にお願いされて、異世界で二度目の人生を送るというお話です。

表紙のドヤ顔で有名な主人公最強作品。
その表情で想像できる通り、基本上から目線で人と接します。

迫り来る敵はノンストレスで倒し、ハーレムを築く。主人公最強系のテンプレとも言える作品です。主人公最強作品が好きであれば一度は読んでおきましょう。

また、有名作とうことで、コミカライズ化されています。

骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具以外はアイテムもお金もない現状に放心状態。そしてさらに悪い事に主人公は、課金して変更していた特殊アバター『全身骨格』アバターの骸骨人間状態のまま異世界へと来ていた。

最強の力を使って無自覚に世直しする骸骨が主人公です。
主人公周辺はのんびりとした雰囲気。悪者側はアタフタとする。このギャップを楽しむ作品です。

ネクストライフ

山田隆司は雪山で命を落とした──と思ったら、見知らぬ場所にいた。
どうも、ゲームの中の世界らしい。
その割には知らない事が多いけど……困惑しつつも、最強クラスだった能力を保有していた事に安堵し、何とかなるかと楽天的に捉えた。

ゲームのキャラクターに憑依?する作品では最も有名だと思います。
蘇る数々の魔王を討ち滅ぼす展開は、ノンストレスでスカッとするのではないでしょうか。

WEB版と書籍版で多少展開が違うので、気に入ったら書籍版も買ってみましょー。

田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。

変態紳士。この言葉が好きな人は必読です。逆に嫌いであれば、読まないほうがいいでしょう。

主人公は膨大な魔力を使い、死んでも生き返るほど無敵な存在ですが、小心者なので国にたてつくといったことはしません。彼は、無敵の力を持ちつつも国に翻弄される変態紳士なんです。

こちらもコミカライズ化しています。

ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。
弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持ったまま異世界へと転生した。

ヒロインや仲間を弟子として育てる育成系の主人公最強ものです。
戦いだけではなくお菓子作りも得意なので、そっち方面でも無双しますが、個人的には繰り返されるお菓子ネタが嫌になり読むのをやめてしまいましたが、それが気にならない人であれば楽しめると思います。

こちらもコミカライズ化されています。

暇人、魔王の姿で異世界へ ~時々チートなぶらり旅~

転職中の暇人が、転職中にも関わらずサービスが終了するからと趣味のオンラインゲームをプレイする。 仲間たちと共に最後の日を満喫した彼が目覚めたのは、ゲーム時代にも見たことのない場所。そこで出会う一人の女性。

好きな人のためなら、どんなことでもする。もちろん、どんなことをする力も兼ね備えている主人公です。
主人公は遊んでいたゲームのメインキャラクターに憑依、そしてヒロインはそのゲームで使っていたサブキャラクターという少し変わった設定です。

ちょいちょい、上から目線の口調がきになるものの主人公最強+ハーレム設定の王道作品かと思います。